物件情報

別荘の中古物件、中古山荘、分譲地のご案内です。随時更新!

中古物件・分譲地

中古山荘、分譲地、物件情報
ひるがの別荘ライフ ひるがの高原とは
交通アクセス 会社案内
お知らせ

初夏を告げる 芍薬の花。

梅雨入りをしたのに、まとまった雨も降りません…庭の土もパサパサです💦とは言え、植物は頑張って 次から次へと季節の花が咲いています。「立てば芍薬 座れば牡丹、歩く姿は百合の花」先人のようには、諺を知らない私達でも、この諺は一度や二度は耳にした事がありますよね?!美人を形容する、この言葉。そうです💡これが、その芍薬の花。美しい花です。花だけを見ると、牡丹なのか芍薬なのか判別は難しいのですが、牡丹は晩春に咲き、芍薬は初夏に咲くようです。でも、ひるがののように春の訪れが遅い高地の気候では、この特徴は判りにくい…決め手は やはり芍薬は草で、牡丹は木だということでしょう。この花は、冬枯れの何もない地面から新芽がすくすくと伸びてきます。そう!スラリと華麗な立ち姿の美人のような花です。因みにこの花の事を、この地方では「ありご牡丹」と、呼びます。さて、その理由は?芍薬の花を見つけたら、じっくりと観察をして考えてみて下さい。*ありごとは、蟻🐜のことです(^^)v

履歴をみる